フロントページグローバルな視点>スリランカの水と衛生
GLOBAL PERSPECTIVE

世界銀行プレス・リリース(2003/5/6)




<日本語版>

世界銀行がスリランカの水と衛生施設普及率の向上を支援

2003年5月6日ワシントン発 − 世界銀行は本日、3千9百80万米ドル相等のスリランカ向け無償資金を承認した。この資金は「(第2次)地域主導による水と衛生プロジェクト」のためのもので、スリランカの内戦で疲弊した農村部などを中心に約940の村々で、安全な飲み水の供給と衛生施設の改善が行われる。この無償資金は世界銀行の「戦後復興基金」から与えられるもので、2010年までに全ての国民に安全な飲み水と衛生施設を供給するというスリランカ政府の決定を支援するものである。向こう6年に渡って、北部州、東部州、北西部州、中央州に分配される予定。

 このプロジェクトはスリランカ政府の「農村地域における水と衛生改善プログラム」を直接支援するもので、水道施設の計画や建設、維持管理を地域住民自らが担当し、また自分達が必要経費の一部を負担するという「ボトム・アップ方式」を採用する。これはまた、水事業に関する財源分配や技術支援、あるいは州内の事業の監視や調整を行う権限を地方自治体に委譲するというスリランカ政府の地方分権政策をも支援する。

 世界銀行の上席都市環境専門官でこのプロジェクトの担当リーダーである慶長寿彰(けいちょう としあき)は、「地域のニーズとそれを満たすための最善の方法は、地域住民自らが一番良く知っているはずだ。従って住民サービスは地域住民が主導するべきで、自治体など行政の役割は住民を支援することだ。住民サービスは、地域住民の主導と地方自治体の住民支援機能の強化で完結する。」と語る。

 この「(第2次)地域主導による水と衛生プロジェクト」は、1992年から1998年の間にやはり世界銀行が支援した第1次プロジェクトの成功に基礎を置くものである。その第1次プロジェクトは、スリランカのバドゥラ、ラトゥナプラ、マタラの各地区で2500以上の村々に恩恵を与えた。住民主導による水供給サービスは、その第1次プロジェクトで試行され、後にアジア開発銀行の支援により他の6地区にも導入された。今回の第2次プロジェクトの全費用は6千2百40万米ドル相等で、スリランカ政府や地方自治体、地域住民も合わせて約2千2百万ドル相等を貢献する。

 2001年の統計によれば、スリランカ農村部の村や小さな町では、安全な飲み水が自宅近くで手に入るのは僅か40%の人たちだけで、衛生的なトイレを利用できるのはほんの30%の人たちだけである。この統計は20年間の内戦で疲弊した北部州と東部州を含んでいないが、これらの州では状況はさらに深刻だと言われている。




<English Version>

WORLD BANK HELPS SRI LANKA INCREASE ACCESS TO WATER AND SANITATION

WASHINGTON, May 6, 2003 — Access to safe drinking water and sanitation will be improved in around 940 villages in war-affected areas of Sri Lanka with a US$39.8 million grant approved by the World Bank today. The grant is being provided through the Bank's Post-Conflict Fund to support the Government of Sri Lanka's commitment to provide safe drinking water and adequate sanitation to its entire population by the year 2010, and will cover areas in the North, East, Northwest and Central provinces over the next six years.

It directly supports the Government's Rural Water Supply and Sanitation Program and will follow a “bottom-up” approach in which communities design, finance, implement and maintain their own sub-projects. It will also help the Government move ahead with transferring responsibility for allocating financial resources, providing technical support and monitoring and coordinating provincial programs in this sector, to the local government.

“Nobody has a better idea of a community's needs and the best way to meet them, than the community members themselves,” said Toshiaki Keicho, a World Bank senior urban environment specialist and task leader for the project. “Empowering local government to better assist them will complete the picture. The Government has shown strong commitment in both areas and we are glad to be able to support a goal which will improve the quality of life of the country's poorest people.”

The Second Community Water Supply and Sanitation Project builds on the positive results of an earlier project supported by the Bank between 1992 and 1998, which benefited people in over 2500 villages in the Badulla, Ratnapura and Matara districts. The community-based approach in this sector was piloted by the first project and subsequently adopted and expanded to six new districts with the support of Asian Development Bank funding. The total cost of the second project is US$ 62.4 million, of which the Government and communities will contribute about US$ 22 million.

Only around 40 percent of people in villages and small towns in Sri Lanka have private access to safe water sources, and around 30 percent have access to a sanitary latrine, according to the 2001 Demographic and Health Survey undertaken by the Department of Census and Statistics. This data does not cover the North and East, but anecdotal evidence suggests the situation is even worse in these regions, which were affected by 20 years of civil conflict.



Local & Global〜地方公務員から転身した国際公務員のサイト
( http://www.keicho.com )