フロントページローカルな視点>三沢基地内大学
LOCAL PERSPECTIVE

三沢基地内大学
就学協議会発足に際してのメッセージ




<日本語版>

 三沢基地内大学就学協議会の発足にあたりまして、ひとことメッセージを述べさせていただきます。私は1992年から約2年間、三沢基地内のオクラホマ大学大学院の公共政策ならびに行政経営学のコースで学びました。当時から国際機関を目指していた私は、このコースで修得できた専門知識のおかげで、希望通り世界銀行に就職できたものと思っております。そういう意味で、三沢基地内大学への日本人就学を可能にすべく尽力なされた全ての方々に対し、この機会に改めて感謝をしたいと思います。また今回は、三沢基地内大学に就学する日本人の一層の利便を図るべく就学協議会が発足されましたことは誠に喜ばしく、発足に向けて準備を進められた有志の方々に、深く敬意を表したいと思います。

 話は飛びますが、私は先月中旬、京都を中心に開催された「第三回世界水フォーラム」に参加する機会がありました。世界180カ国から約1万人が参加して、世界の水問題について話し合いが行われました。フォーラムでは水道事業の民営化が大きなテーマとなり、賛否が分かれて結局参加者の合意点は見出せませんでした。この水フォーラムの後半は、会場も対イラク戦争の話題で持ちきりでしたが、イラクに対する武力行使を巡っては、国際社会の意見が分裂し、国連安全保障理事会が機能不全に陥ったことは記憶に新しいところです。

 交渉が分裂したこの二つの出来事から、私は言葉による説得の大切さを改めて痛感しました。しかも、このような国際的な交渉の舞台では、「英語」と「論理」という二つの世界共通語を駆使して相手を納得させることが求められています。日本人も傍観者ではなく、積極的に交渉の場に入っていくことが必要なのです。世界が今求めているのは、この英語と論理を用いて、異文化の人々と意見をぶつけ合い、相手の立場を尊重しながらも互いに妥協点を模索し、共にひとつの物事を成し遂げていく能力を兼ね備えた人材です。三沢基地内大学就学の日本人から、ひとりでも多くそのような人材が誕生することを願っています。

 さて、私はオクラホマ大学院を修了後、少ないながらも毎年のように母校のオクラホマ大学に寄付をするようにしています。ひとえに感謝の気持ちからですが、今年も寄付をしたところ、先日大学からお礼状のカードが届きました。そのカードには、「今日あなたが蒔いた種は、明日の収穫になる」と書かれていました。三沢基地内大学への就学を決意した人は、種を蒔く決心をしたことになります。どうか収穫まで目標を持ち続けて諦めずに頑張って下さい。私自身も、これからも種を蒔き続けたいと思っています。

2003年4月29日、ワシントンDCにて
世界銀行勤務 慶長寿彰




<English Version>

Ladies and gentlemen,

It is my great honor to convey this message from Washington, DC on this memorable day that the Japanese Association of US Universities on Misawa Air Base has been established. As someone who greatly benefited from studying on the Misawa Air Base, let me begin by thanking all those who made invaluable efforts to enable Japanese students to attend US universities on the Base. Also, I would like to say a special word of appreciation to the people who took the initiative in creating this Association. It was between 1992 and 1994 when I was taking courses in the Master of Public Administration Program offered by the University of Oklahoma on the Base. Thanks to the expertise I acquired through the Program, my professional dream of working for international organizations came true, and I am now working for the World Bank.

By the way, I had an opportunity to participate in the Third World Water Forum held in Kyoto last month. About 10,000 people representing 180 countries from all over the world gathered in Kyoto to discuss global water problems facing the world. In the Forum, one of the burning issues was privatization of water services, on which the Forum could not come up with a consensus. The latter half of the Forum was shadowed by the war in Iraq, which reminds us of another example of failing to achieve an international consensus at the UN Security Council on the use of military forces against Iraq.

The above two examples have taught me an important lesson that achieving an international consensus is very difficult and challenging, but because it is very difficult, we need to strengthen our power of persuasion with two weapons. By two weapons, I mean English and logic. The Japanese tend to remain on the sideline in an international arena, but let’s not be afraid to speak up with these two weapons. What the world needs now is people who understand and respect different views from different cultures, who are willing to work together with those with different views, and who can persuade or sometimes compromise to find a solution acceptable to all concerned. I believe that many of the Japanese students studying at the US universities on the Base could become such an asset for the international community.

I have recently received a thank-you card from the University of Oklahoma as I donated a small amount of money to the University, my annual contribution since my graduation. The card says, “The seeds you sow today are tomorrow’s harvest.” I believe that studying on the Base means sowing seeds. If you have decided to sow your seeds, please work hard until you get your own harvest. I myself want to continue to sow my own seeds. Thank you very much.

Toshiaki Keicho
The World Bank, Washington, DC



Local & Global〜地方公務員から転身した国際公務員のサイト
( http://www.keicho.com )