フロントページメジャーデビュー>Q&A(2003/08)


国際機関への就職に関するQ&A
(2003/08)


2003年の7月からゲストブックに寄せられた「国際機関への就職」に関する質問と、それに対する自分なりの答えを、こちらにまとめて記録に残すことにしました。私の知識と経験の範囲内で最善の答えをしているつもりですが、私の答えが100%正しいという保証はありませんのでご了承ください。これを読んでまだ質問がある人や、国際機関勤務の経験者などでコメントやさらなるアドバイスがある方は、是非ゲストブックへご記入ください。


国際公務員と国家公務員、国際公務員と国際関係学
Q: こんにちは。二回目の書き込みです。このHPに来るとすごく自分の夢の実現に対する勇気をもらえる気がします。私は今国際公務員になるという夢に近づくため来年の九月からアメリカの大学に一年語学留学しようと親と話し合い中です(TOEFLの点数が取れればの話ですが)。学校の交換留学生として行けたらと思っています。英語が話せないことにはどうにもならないと思うのでできるだけ早めに語学は習得したいと思います。ひとつ質問なのですが国際公務員になるためには国家公務員試験を受けなければならないのですか?(kame)

A: 「国際公務員になるためには国家公務員試験を受けなければならないのか」という質問ですが、そういうことは全くありません。国際公務員と国家公務員は全く別です。国際公務員になるためには、各国際機関が独自で行っている採用試験に受かればいいのです。ただ、国際機関で働いている日本人の中には、かなり多くの国家公務員が含まれています。彼らは、いろんな省庁から数年間の出向という身分で国際機関に来ていて、一般に国際公務員とは違います。kameさんは、正規職員として国際機関を目指しているんですよね。だったら、国家公務員試験は全く関係ありませんよ。(慶長)

Q: 今親と話し合っている最中なのですが、留学を実現するのはなかなか難しそうです。学校の交換生としていくには来年の一月までにTOEFLを173点以上取らなければならないのでかなりきつい状況です。認定留学だと9月までなのでそっちを狙おうかと思っています。この職業には絶対に就きたいので、あきらめずに頑張りたいと思います。もしご存知であれば国際関係の学部が充実している海外の大学をおしえていただきたいのですが・・・ (kame)

A: kameさん、こんにちは。アメリカに限って言えば、国際関係学が充実しているので有名なのは、ハーバード大学ケネディー・スクールのInternational Developmentのプログラムか、ジョンズ・ホプキンス大学のSchool of Advanced International Studies(SAIS)だと思います。いずれも大学院レベルですけど。

 でも、国際公務員=国際関係学だと短絡的に考えないで下さいね。目指している国際機関や職種にもよりますが、はっきり言って、一般に国際関係学だけではちょっと弱いと思います。大事なのは、どういう国際機関で何を専門にやりたいのかという明確な目標を決めることです。それが決まれば、必要な専攻と職歴が自ずと見えてきます。その専門プラス国際関係学ということであれば、鬼に金棒です。さらに、英語力が要求されるのは言うまでもありません。明確な目標とそれを達成するための長期的な計画を立てて、あきらめずに頑張ってください。 (慶長)

争いのない地球づくり、国連の重要課題
Q: 大学受験の志望理由を書く際に「将来の夢=国際公務員」という思いがよぎり、このサイトにたどりつきました。はっきりとした国際公務員としての仕事や活動などはわかりませんが「世界中の人達が幸せに、争いのない地球作りに貢献したい!!」と思っています。(ちょっと漠然としすぎて受験で通用するのかわかりませんが…)これからもっと世界に目を向け、目標に向かって頑張りますね!!(奈々)

A: 奈々さん、初めまして。将来「争いのない地球づくり」に是非とも貢献してください。いつかそんな時代がやってくると信じて、一緒に頑張りましょう。僕のホームページが、奈々さんの国際公務員に対する関心と理解を深めることに、少しでも役立てばこの上ない喜びです。受験も頑張ってくださいね。またお待ちしています。(慶長)

Q: 本日全国模試の結果が返却され…英語の偏差値がUPしてました(^O^) 昨日は「国家公務員になるには」という本を学校の図書館で借り、夜中2時頃まで読んでいました。凄く簡単に分かりやすく仕事内容が書かれていて、なかなか国家公務員の門は開かれていないなー と思いつつも憧れに希望が増すばかりでした。ところで今一番国連が重要とする課題はどんなことだと思いますか?(奈々)

A: 今一番重要な国連の課題は何かというのは、とても難しい質問です。はっきり言って、テロ、難民、AIDS、地球環境、途上国の貧困問題などなど課題は山積です。これらの問題は相互に関連しているので、どれが一番重要なのかは選べないし、選ぶのは意味がないのかもしれません。国連組織内部の課題としては、安全保障理事会に代表される片寄った意志決定メカニズムが挙げられるかと思います。僕自身は、国連の意志決定プロセスをもっと民主化させたいと感じています。 (慶長)

国際公務員になるためのステップ
Q: はじめましてこんにちは。わたしは今オーストラリア、シドニーの語学学校で、こっちの大学に行くために勉強しています。今日たまたまこのウェブページを見つけてよませていただきましたが、大変勇気付けられました。同じ日本人でも世界で活躍している人はいっぱいいるんだなって。それに国際公務員になって国連で働くっていう、無謀にも思える夢を実現している人がいるんだなって。わたしは高校を卒業してこっちにきて、語学学校のコースが終わったら大学に行きたいと思っていますが、実は国際公務員になるためにどのようなステップが必要なのかいまいち分かっていません。慶長さんは何学部だったのですか?国際公務員は大学院にいくことも必要なんですよね?(さくら)

A: シドニーのさくらさん、初めまして。いらっしゃいませ。さくらさんも、その無謀な夢とやらを見てみませんか。まずは、夢を見ることから初めてください。国際公務員になるためのステップは様々です。各国際機関や職種によって異なる場合があり、一概には言えません。ただ原則として、最低でも修士号と、その学位に関連する数年の職歴が必要だということは共通しているかもしれません。

 ちなみに僕の場合は、学部では都市工学を専攻し、修士レベルではやはり都市工学と公共政策学・行政経営学を学び、地方自治体で4年余りの勤務経験がありました。これはひとつの例ですので、あんまり参考にしないでください。自分のやりたいこと、興味のある分野を見つけて専攻してください。今後ともよろしくお願いします。いつかまた、僕もシドニーに行きたいです。(慶長)

ICPO(インターポール)について
Q: 初めまして今日は!こちらのHPをとても興味深く、拝見させていただきました。内容もとても深く、濃いものでした!私は将来、警察官か、国際公務員になりたい、ということもあり、ICPOで働くことが夢です。(現地採用となった結城秀実さんのように現地採用として。難しいけれど・・) 私は今、国際関係学(国際法、行政学)を勉強している大1ですが、ICPOで働くためにどのような専門分野が適しているのか・・模索中なのです。。今は、興味のある国際法、行政学をひたすら徹している最中です!これから、こちらのHPに訪問させていただき、より知識を深めていきたいです!!よろしくお願いします!!(Losa)

A: Losaさん、初めまして。いらっしゃいませ。将来ICPO(インターポール)で働きたいということですが、是非実現させてください。Losaさん御紹介の結城秀実さんの記事が、「よみうりの大手小町」に載ってましたので、下にリンクしておきました。でも、彼女の場合は「現地採用」というよりも「正規採用」ですね。日本の警察からの出向ではなく、インターポールの正規職員だということです。それだけ実力派なんでしょう。インターポールの本部はフランスのリヨンにあるんですね。Losaさんも、リヨン目指して頑張ってください。では今後ともよろしくお願いします。(慶長)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20030127sw11.htm

Q: お返事ありがとうございました!実は結城秀実さんの記事を新聞で見たのです。そして大手小町にもアクセスしてお気に入りに取ってあります☆でもリンク貼ってくださって、どうもありがとうございました!とても嬉しかったです!今はフランス語を第2外国語として履修しています。でも、国際法や、行政学、国際政策学などは、ICPOで働くはもちろん、国際機関では求められていますか??経済学におけるマネーロンダリングや、人身売買などの人権問題、美術品盗難調査・・などなどを主にICPOでは調査しているのですが、行政や国際法に当てはまった部署が、ICPOのHPを見る限り見あたらないなあと思ったもので・・私の英語読解力が低いのもあるかもしれませんが。。。(Losa)

A: Losaさん、ICPOで何を専門にやりたいのかを決めて、大学院での専攻に反映させてください。学部の専攻は教養として考えておいた方がいいかもしれません。結城秀実さんは、博士課程で「犯罪情報分析」を専門に勉強したらしいですが、ICPOのウェブサイトによると、この「犯罪情報分析」はICPOの主要業務のひとつです(以下にICPOのサイトをリンクしておきました)。

 国際法や行政学という専攻が、国際機関で求められることも多々あるでしょう。ただ、これらは内容が多岐に渡る学問なため(僕も行政学を齧りましたが、公共セクターの予算・人事管理から政策分析、テロリズムまで幅広いです)、具体的に専門にしたい分野を決めて、それを深く学べるカリキュラムを提供している大学院を世界中から探し出す必要があるんだと思います。Losaさんが挙げられたマネーロンダリングや人身売買などの他に、ICPOではテロやIT犯罪関係の仕事も増えているみたいですね。何を専門にやりたいのか、まずそれを考えてみてください。では、頑張ってください。(慶長)
http://www.interpol.int/




Local & Global〜地方公務員から転身した国際公務員のサイト
( http://www.keicho.com )