フロントページワシントン通信>2004年

  WASHINGTON 通信 2004


米国の首都ワシントンDCでの生活や仕事を題材にした日記風のコラムです。このページは2004年分の入り口ですが、最新の「ワシントン通信」はこちらからどうぞ。

メールでの感想やゲストブックへの書き込みなど、読者からの反響が多かった文章は、太字で表示しています。


2004年1月のワシントン通信

「e年賀状は、いい年賀状」「殺人都市ワシントン」「日本の雪ダルマとアメリカの雪ダルマ」「入国審査に指紋採取と写真撮影を導入」「ワシントンに寒波襲来」「アメリカ人の新年の決意」「ワシントンはアラスカより寒い。」「エノラ・ゲイ」「ヒューストンのロケット」「アメリカに家を買う。」「ガリバーによるお引越し」「炊飯器盗難事件」「シワくちゃの無料コーヒー券」「責任は私にある。でも謝らない。」「ホーム・セキュリティ」「暗唱できない暗証番号」「豪州のエミューが救うワシントンの冬の肌荒れ」

2004年2月のワシントン通信

「メルセデスより女性が惹かれる洗濯機」「アメリカの新聞配達」「44年ぶりのJFK」「地域の争点を知らしめる予備選挙の前倒し」「ワシントン市民の権利と義務」「ナイジェリアからのメール」「老化や病気を防ぐ柘榴(ざくろ)ジュース」「政府の一面広告よりイチローのヒット一本」「BE MY VALENTINE!」「無線の高速インターネット導入」「家具の安売りとジョージ・ワシントン」「ロドリゲスの移籍でゴジラは8番打者」「アメリカの青い郵便ポスト」「丸山惜敗」「地下鉄で歌う男」「敷金は家賃の四分の一」「粗悪な靴下と極上のタオル」

2004年3月のワシントン通信

「ワシントンに春が来た。」「幼稚園は義務教育の一環」「スーパー・チューズデーと大統領への立候補条件」「バービーとジャスミン」「技術サポートはインドから」「幻のパキスタン」「ワシントンへようこそ。でも水は飲めないよ。」「バイリンガルの女の子」「アメリカの肥満とCM」「スキルの更新が資格の更新」「ワシントンの景観を壊す新聞の自動販売機」「三月中旬のみぞれ」「手錠をかけられたIMF職員」「あれから僕たちは...」「教育委員会に殴り込む」「住民のネットワークを支えるメーリング・リスト」「アメリカの学校建設は土地利用規制に縛られない。」「避難しない避難訓練」「通勤はBMW」「階段にカーペット」

2004年4月のワシントン通信

「世銀本部がワシントンからドゥバイへ移転」「BLOG 記念日」「夏時間なのに氷点下」「ワシントンの桜と武蔵丸」「アメリカの新聞に載る。しかも一面トップ。」「カラチでの誘拐未遂事件」「イラクでの邦人誘拐事件をめぐる海外報道」「イースターと卵とウサギ」「4月の雨が5月の花を咲かせる」「ワタシ作る人、ボク洗う人」「アメリカの固いスポンジ」「出張はパスポート四つ」

2004年5月のワシントン通信

「3秒のはずが30秒」「救急病院で過ごす母の日」「Gross National Cool」「リーダーに不可欠な六要素」「セミ、せみ、蝉」「ワシントンでバーモント・カレーを食べる」「回転式便座カバー自動交換トイレ」「エスカレーターで駆ける人、止まる人」「学内人種融和の50年」「週末は象の耳」「40歳の完全男」「飛んでイスタンブール」「妻帰る」

2004年6月のワシントン通信

「私たちが爆撃し、君たちが再建する。」「あ〜夏休み」

2004年7月のワシントン通信

「シドニーの青空より故郷の曇り空」「花火は銃より危険なのか。」「選挙に行こうぜ」「束縛から自由へ」「ワシントンで枝先が枯れる理由」「サルも木からスベル」「ペイパー OR プラスチック ?」「My Life」「ジョージからの招待状」「RE-DEFEAT BUSH」「アメリカ大統領選挙と選挙監視団」「定年制は年齢による差別である。」「庭石の上にも三年」「ハッキリさせよう、あなたの国籍」

2004年8月のワシントン通信

「標的はIMFと世銀」「シアトルから戻りました。」「盆栽は木に対する拷問である。」「パンダ・マニア」「アメリカの五輪放送は嫌いです。」「ワシントン・ポストのメダル獲得予想」「イチロー宇宙人説」「誰のために咲いたの♪それはあなたのためよ」「投[と飲酒と運転の日米年齢差」「目を見て話すアメリカ人、目をそらす日本人」「銅という字は金と同じと書く。」「メジャー・リーグに学ぶこと」「金メダルの値打ち」「金メダルより重要なもの」「お誕生会とピニャータ」「プリンセス・プリンセス」

2004年9月のワシントン通信

「クリントン氏の入院」「水を飲むための力と技」「勤続十年」「クロスワードは苦労すワード」「オフィスに飾る家族写真」「三年目の9/11」「必用な事は全て幼稚園で学んだ」「バス通学」「児童が選ぶランチ・メニュー」「太い歯ブラシ」「カード犯罪もグローバル化」「NHL、お前もか。」「講演会のお知らせ」「40歳の人間ドック」「講演の自己評価は85点」

2004年10月のワシントン通信

「スーツケースは消耗品」「ジョージからの手紙」「水曜日は半日授業」「歴史が変わり、呪いが解ける。」「ブレーキを足でかける自転車」「ハロウィンとカボチャの提灯」「ワシントンにMLBがやって来る。」「ハロウィン用の恐〜いマスク」「近づくアメリカ大統領選挙」

2004年11月のワシントン通信

「ブッシュか、ケリーか」「ジンクス破りブッシュ再選」「破損スーツケースの続編」「空港嫌い」「アメリカ凋落の始まり」「ワシントン・ナショナルズ」「いい酒は朝が知っている。」「地球のつなぎ方」

2004年12月のワシントン通信

「花より暖炉」「大統領のクリスマス・ツリー」「赤と緑のスターバックス」「取材殺到」「パフィー全米デビュー」「ワシントンで伊良部を発見」「庭木にイルミネーションの花を咲かす。」「ワシントンの出前代行業」「アメリカのオニババたち」「妊婦本の日米差」「世界一長いストリート」「歯なしのタネ」「週末のセンタクロース」「FAHRENHEIT 24/11」「ナショナルズ、滑り込みセーフ」「繋がっていない人をいかに繋げるか。」「本物のサンタクロース」「アジアの地震とTSUNAMI」「2004年の締めくくり」




Local & Global〜地方公務員から転身した国際公務員のサイト
( http://www.keicho.com )